ひとり世界のFireブログ

音楽・投資・野球・ミニマリスト・なんでもありです

ロッド・エヴァンスもいいよね、ディープパープル

f:id:hitorisekai:20200411113603p:plain

どうも、ひとり世界です。

 

またまた音楽ネタでございます、今回はディープパープルです。

 

ディープパープルと言いますと、『イン ロック』や『マシンヘッド』に代表されるハードロックの超有名バンドです。

 

でも今回はそこじゃありません。ボーカル:ロッド・エヴァンス時代のパープルです。いわゆる第1期ってやつですね。

 

ハッシュ

ハッシュ

 

メンバー構成は、下記のようになっております。

・V:ロッド・エヴァンス 

・G:リッチー・ブラックモア

・K:ジョン・ロード

・D:イアン・ペイス

・B:ニック・シンパー

 

  

セミアコなリッチー 

パープルのファーストアルバム『ハッシュ』は、ハードロックを期待して聴いてはいけません。

 

イメージとしては、ビートルズ、ジミヘンを大きく意識した内容になってます。実際コピー曲も入ってますのでね。

 

この時のバンドの中心はキーボードのジョン・ロードだったらしいので、ギターのリッチーの影は非常に薄いです。

 

初期のパープルはギターバンドでは無かったんですね、ハイウェイスターなパープルからは想像できませんよね。

 

また、ヒット曲『ハッシュ』の映像を見ますと、リッチーがセミアコを弾いている姿を見る事ができます。

 

おそらくハイウェイスターなリッチーに憧れていた人達は、悶絶ものでしょう。

 

『どうしたんだ、リッチー!』

 

そう叫ぶこと必至です。誰にも黒歴史は存在するものです・・・。

 

◆ロッド・エヴァンス 

リッチーを軽くいじったところで、ボーカル:ロッド・エヴァンスについて。

 

どうしてもディープパープルといいますと、イアン・ギランの印象が強すぎますよね。

 

そりゃ~ギランは凄いヴォーカリストですよ。それは疑いようがありません。

 

でも、ロッド・エヴァンスも声はいいし、歌もうまい、映像見た感じキャラクターもいい。この時のパープルのボーカルとしては、凄くマッチしていたと思います。

 

先入観なしで聞けば、第1期パープルもいいアルバムを出していました。

 

ただし、エヴァンスはギランに比べて声域が狭いような感じがしますので、ハードロックを突き詰めていくには、限界があったと思います。

 

ですが私は、ロッド・エヴァンスの声が大好きです。それだけにパープル後の目立った活動が無いのが残念です。

 

エヴァンスはパープル脱退後、偽ディープパープル事件なるものを起こしてます(詳しくはネットで調べてください)。

 

恐らく自分がいなくなった後のパープルが大成功したのが、気に食わなかったんでしょう。

 

悲しい事しちゃいましたね。きっと大後悔してることでしょう。

 

ちなみにギランが歌っている『ハッシュ』のライブ映像があるんですが、こりゃダメです。餅は餅屋ってやつですかね。エヴァンスに軍配です

 


DEEP PURPLE "Hush" (HD official) from "Celebrating Jon Lord"

  

 

◆大変身のパープル

そしてパープルはリッチー主体のハードロックバンドへと大変身していきます。

 

曲調だけではなく、リッチーのギターもストラトに変わり、演奏時のアクションも大きく変貌をとげます。

 

これで大成功したんじゃ、エヴァンスが首切られたもの仕方なしって感じです。

 

ハードロックのヴォーカリストとしては、ギランには遠く及ばないのは事実ですので。

 

ですがそれでも私は、ヴォーカリスト:ロッド・エヴァンスが大好きです。

 

そういえば、エヴァンス以外のボーカルのパープルのCD、持ってないなぁ。

 

◆まとめ 

・たまには60年代ロックもいいです

・ロッド・エヴァンスは良いヴォーカリスト

エヴァンス時代のCDは3枚持っているのに、他の時代は1枚も持ってない

・リッチーのセミアコに悶絶

・誰にも黒歴史は存在する

 

最後にエヴァンスの『ハッシュ』映像をどうぞ、これ最高です。

それではまた。


ディープ・パープル / ハッシュ