ひとり世界のFireブログ

音楽・投資・野球・ミニマリスト・なんでもありです

日産自動車 売るものがないって、何それ

f:id:hitorisekai:20191124115528p:plain

どうも、ひとり世界です。

『売るものがない、日産自動車に重く・・・』なんて事がYahooニュースに出ておりました。売るものがないって、ここまで書かれて日産上層部は何もないのか。

 

◆昔はよかった

確かに今の日産には過去の栄光しかありません。私の20代のころは、こんなでは無かった。スカイライン、セドリック・グロリア、シルビア・ガゼール等、トヨタとはちょっと違う魅力的な車を作っていた。この頃はトヨタのライバル関係であったと思います。

 

しかし今の日産車で辛うじて売れているのは、軽自動車、ノート、セレナぐらいだと思います。ノート、セレナといってもe-POWERを搭載したんで新しく感じますが、特にセレナのベースのエンジンは10年以上変わってないんじゃないかな。シャーシも基本変わってないかもです。もしかしてノートもか?

 

◆ノート試乗で感じたこと

それと、ノートに試乗させてもらった事があるんですが、e-POWERや、ワンペダルなど凄いと感じる部分もありましたが、凄く気になったのは内装のチープさです。正直言って軽自動車よりチープに感じました。その事を営業マンに伝えたら、『それよく言われます。』だって。一番安いグレードなら理解できますが、一番の売れ筋のグレードだったので、『これお店にかざらない方がいいんじゃないかな』って思いました。

 

◆車はデザインだよ

車のエンジンやハンドリング、ブレーキ性能などのマニアな部分は一般人には分りません。だからそこは基本設計が古くてもいいんですが、目に見える部分をもっと大事にしたほうがいいと思います。

営業マンからしたら、『外装・内装ともにデザインの優れた車を出してくれ』というのが本音だと思いますし、実際私もデザインを最重視して車を買います。この辺は最近のMAZDAを見習った方がいいと思います。

 

後、ナビなどの電化製品が古いという問題もあるようです。これは日産営業から聞いたんですが、確かシーマを買ってもらったお客さんからのクレームで、『ナビの画像が凄く粗いんだけど』って言われたそうです。車の設計も古いけど、付属の電化製品も古かったて事です。もの凄く高い車なのに納得いきませんよね。

 

新しいエンジンやシャーシの開発は莫大な費用がかかるというのは分かりますが、現行のものを少しづつチューニングするのでも大分違うと思います。やれることはあると思いますよ。一時、キューブのスライドドア仕様を出すって噂があったんですけど、やってみる価値あったと思うんですけどね。やらなかったな~。

 

◆業界の未来

新しい設計の車がほぼ出ない今の日産自動車は、瀕死の状態です。新聞によると2020年度に5車種投入だそうです。どんな車が出てくるのか、期待したいと思います。

ただでさえ自動車業界の行く末は明るいものではない状況です。それはトヨタといえどもです。私の世代、車は夢そのものだった。だから頑張ってほしい。業界全体の未来の為にもです。よろしくお願いいたします。

 

それではまた。

CASE革命 2030年の自動車産業

CASE革命 2030年の自動車産業