ひとり世界のFireブログ

音楽・投資・野球・ミニマリスト・なんでもありです

宝くじを買って、社会貢献しよう

f:id:hitorisekai:20200101110902p:plain

どうも、ひとり世界です。

皆さん、宝くじ買ってますか。私は一度も買ったことがありません。

買っている人は、社会貢献度が高いです。偉い。

でも結論から言うと、買ったら〇ホです。

 

◆競馬よりひどい  

宝くじの公式サイトをのぞいてみました。売上金の振り分けは以下の通りです。

平成30年度のデータで、

・トータル 8046憶円

・収益金  3071憶円(38.2%)

・広報費    103憶円(1.3%)

・経費   1127憶円(14.0%)

当選金  3745憶円(46.5%)

 

ぱっと見てどうでしょう。夢のある数字でしょうか。

宝くじを購入した半分以上が、販売元に持っていかれます

これって美味しい商売ですね。宝くじなんて、紙に番号書いて売っているだけですよ。許可していただけるなら、私もやりたいです。もちろん販売元です。

 

当選金以外にも、広報費と経費が正当な金額かどうかも分かりません。この辺は全て藪の中です。

 

しかし、買った時点で半分以上取られるって、ひどいですね。これを買っている人達は、社会貢献しようという気持ちが強いんでしょうね。私は人間が出来ていません。だから買ったことがない。ダメですね。

 

◆宝くじの歴史 

以下宝くじ公式ページより

・江戸時代、大阪の瀧安寺による福運お守り当選くじが最初

・江戸時代、当選者に金銭を結び付けた富くじが町にはんらん

徳川幕府が禁止令を出す

・寺社修復用資金調達としてのみ許可される

・昭和20年軍事費調達のため富くじ復活(通称:勝札)

・抽選日前に敗戦となり負札となる

・戦後インフレ防止のため浮動購買力吸収⇒宝くじとして販売

・戦災復興資金調達として地方自治体で宝くじ販売許可

 

結局宝くじの起源は、政府の資金調達が目的だったんですね。

 

しかし、江戸時代に福運お守りの当選くじだったものに、金銭を直結した。これを最初にやった人は天才ですね。

紙に数字書くだけなので元手がかからない。ルールも自由。これが町にはんらんしたんだから、よっぽど儲かったんでしょう。幕府が止めに入るくらいですからね。

 

◆国の資金調達 

今も国や各地方自治体の資金調達の大事な資金源です。そう思えば、50%以上持っていかれても腹も立たないですね。人間てみんな国を大事に思っている。素晴らしいです。

最近は自然災害も多くなってきています。みんなで宝くじを沢山買って、社会貢献して行きましょう。

 

◆まとめ 

・宝くじの当選率を知ろう

・宝くじの歴史を知ろう

・宝くじ資金の使い道を知ろう

・もっと沢山買おう

 

でも私は買いません。

それではまた。