ひとり世界のFireブログ

音楽・投資・野球・ミニマリスト・なんでもありです

身長が低いことが私の最大のコンプレックスだった

f:id:hitorisekai:20191222184631p:plain

どうも、ひとり世界です。

私は身長コンプレックスの塊でした。

今でこそ175cmぐらいになりましたが、小さい頃は本当に小さかった。

小中学校は背の順だと、1番前か2番目ぐらいに並ばされていた訳です。

 

◆人生は身長だった 

身長って、人によって感じ方が違うのかも知れませんが、

私にとっては最重要事項でした。

勉強出来る出来ないよりも重要です。

同級生達とキャッチボールした時に、高いボールを投げられて取れない私に

『背が低いからだよ~』

なんて言われたものです。

それに背が低い子で女子にモテる子なんて皆無だったし。

何で俺は背が伸びないんだって、親にあたったりもしました。

 

そんな私が、高校2年~3年で15cmぐらい身長が伸び、身長コンプレックスに終わりを告げる事になります。

元々あまり食べる方では無かったんですが、とにかくこの時は食欲がありました。

やはり食べる=成長だと思います。

でも急に身長が伸びたせいで、自分の感覚が背の高さに追いつかなかった記憶があります。

背が伸びたのに、背の順で前の方に並んじゃったりしたな~。

また、背が高くなってから小中学校の同級生に会った時、私の方が背が高くなっていて、凄くうれしかった。

人生にとって、背の高さって何なんですかね。

 

◆低身長化の波 

ネットの記事で見たんですが、最近の10代の身長が低くなっているそうです。

うそか本当か、50代よりも低くなっているとか。

こんな事あり得るでしょうか。

50代の人達より食生活は随分と豊になっていると思いますがね。

パソコンやスマホの普及で、運動不足が影響しているような気もしますが、私自身大の運動嫌いで、高校時代もたいして運動なんてしてません。

それでも身長は175cmをこえています。

低身長コンプレックスで小中を過ごした私でさえもです。

 

記事には『低出生体重児』の増加ではないかと書いてあります。

出生時の体重は減ってきているようです。

出生体重が低ければ、身長は低くなる傾向になる。

なるほど~。

しかし何で出生体重が低くなっているのかが分かりません。

親の栄養状況は良くなっているはずなのに、胎児は大きくならない訳がないですよね。

 

まあ皆が小さければ、私の子供時代もそんなに悩まなくでも済んだのにな~。

そんで今の身長になったら超優越感です。

こんな事でも、生まれてくる時代で人生が大きく変わるんですね。

 

また、身長が低いほうが高血圧、冠動脈疾患、脳血管障害を起こすリスクが上がるそうです。

平均寿命も短いとか。

人生100年時代なんてこないかもって書いてあります。

私的にはデカい人の方が早死にのイメージを持っていましたし、周りのちっちゃい老人は長生きしているけどな~。

分からないものです。

 

◆食べよう 

今でも背のちっちゃい子をみると、

『いっぱい食べれば絶対大きくなるから。私がそうだったから』

って言っちゃいます。

私のようにコンプレックスの塊として、ねじれた幼少期を送らないようにしてあげたくて。

何だかんだ言って、人間見た目は大事です。

人に合った時の第一印象のインパクトは大きいですしね。

世の小っちゃい子達、いっぱい食べよう。

 

それではまた。