ひとり世界のFireブログ

音楽・投資・野球・ミニマリスト・なんでもありです

ラグビー決勝トーナメントは別世界だった

f:id:hitorisekai:20191021111216p:plain


どうも、ひとり世界です。

2019年ラグビーワールドカップ、日本代表の戦いが終わりました。ただただ拍手です。

ですが決勝トーナメントの舞台は、まったくの別世界だった。

 

私だけではなく、ショックを受けた方、多いのではないでしょうか。

南アフリカは、4年前とは別チームだった。これがベスト8の戦いなんですね。

 

それでも前半は何とか食らいついて、僅差で終えることができました。ですが後半は、防戦一方だったと思います。特にラインアウトをほぼ相手に取られてしまい、ラインアウトをもらってもチャンスだとは思えなかった。あれはいったいどうしちゃったんですかね。スクラムも押し負ける場面が多かった。

 

もう全てにおいて、南アフリカが上回っており、これが世界だと言わざるを得ない。

 

◆日本ラグビーの未来 

そしてノートライのままノーサイド。日本代表の戦いが終わりました。

選手の皆さんは今、何を思っているでしょう。私はとても複雑な気持ちです。

 

4年前の時は、ベスト8に行ければいい戦いができたかもしれないのにな~なんて思っていました。4年前のほうがいい夢をみていた。

 

私は、ラグビーの未来が心配になってきました、彼らは相当きつい練習を積み重ねてきた。そして世界を目の当たりにし、打ち破れた。

 

これで燃え尽きたりしないだろうか?

 

私のようなにわかラグビーファンは、もっと練習してなんて簡単に口にできますが、選手の皆さんはそうはいかないでしょう。

 

世界の強豪と決勝トーナメントで戦うということは、いい経験ではあるが、その逆もあるということを強く感じました。

福岡選手が『涙もあまり出なかった・・』とインタビューで答えていました。このコメントを皆さんはどうとらえますでしょうか。

 

◆とにかく休もう

ともあれ、予選からここまで本当に凄い戦いでした。本当に戦いです。選手の皆さん、ゆっくり休んでください。そして、体も心もリフレッシュしていただきたいと思います。さあ次をめざせ!とは私には言えません。

日本代表と代表に関わった皆さん、本当にありがとうございました。

 

それではまた。