ひとり世界のFireブログ

音楽・投資・野球・ミニマリスト・なんでもありです

アパート経営家賃30年保証、本当か?

どうも、ひとり世界です。
今回は、アパート経営家賃30年保証、本当か?についてです。
私の実家は昔からの地主で土地を持っているため、固定資産税を沢山納めております。そういったこともありアパート経営をやらざるを得ない状況なわけです。


それじゃあ土地を売ればいいんじゃないのと言う方いらっしゃるでしょう。でもね、先祖代々の土地、そう簡単には売れないんですよ。いろんな気持ちが絡んじゃって。


で、本題の家賃30年保証ですが、これは本当です。本当ですがこれには裏があり、最初に提示した家賃を30年間払い続けますとは言ってないということです。もう言葉遊びの世界ですよね。


大手のアパートメーカーはどこも似たり寄ったりで、最初の10年は、約束した家賃金額を入金してきます。しかし10年過ぎたら、2年ないし5年ごと家賃改定できるような契約書になってます。


昨今問題になってきてますが、この辺のメーカー営業の説明は歯切れが悪いです。場合によっては大幅に家賃を減額提示し、契約解除に持ち込むこともあります。


地主としては固定資産税は高いし、なんとかしなければの思いでアパートメーカーにお願いするというのが実情です。ですが、アパートメーカーは絶対に負けない勝負なんですよね。

税金払えないなら土地売却がいいんだろうけどな~。
それではまた。